AO Local Design | ShizuK
1
archive,author,author-shizuk,author-1,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-13.5,qode-theme-bridge,disabled_footer_bottom,wpb-js-composer js-comp-ver-5.4.5,vc_responsive

この9年間ずっとスキー場で年を越してきました。2011年はNZで迎える旅行となりました。悪くないけどやっぱり雪が恋しいかな 初めの5回はただの急ぎ足旅行でしたが、去年の10ヶ月と今回の4ヶ月旅行は本当のNZを満喫する旅。特に当ても目的もなく、放浪する楽しみを精一杯感じています。時間の足らない日本人のいう「旅行」というのは目的が明確で○○に行って××を見て■■に参加し、▲▲というお店に行きたい。というかむしろ目的を必要とするんですね、時間が余った時の過ごし方が解らないのではないかと感じます。お金を使った楽しみ方しか知らないのかと、情けなくもなります。 この国に何万人もの旅行客が世界中から押し寄せます、中には日本人と同じように2週間だけの旅行をしている人もたくさんいますが、もっともっとのんびり過ごしている、湖畔やビーチを歩いたり、公園で転がって昼寝したり読書したり。残念ながら隈なくNZを旅してもそんな日本人を見かけることは殆どありませんでした、NZ流な旅行の仕方であるキャンピングカーで巡る人もわずかです。そして殆どの日本人旅行者はMOTELやコテージ、HOTELに泊まり誰とも接することなく帰ってしまう。1度もニュージーランド人と話さずに過ごす人がどれだけいるでしょうか、出来ない英語でもこの多国籍な国で出会う人々とこの国の美しさを語る努力をする日本人がどれだけいるでしょうか、Helloと自分から言わない日本人がどれだけいるでしょうか。 この国で学んだ事は多すぎて、その殆どがあまりにもシンプルであり、日本人に理解を求めるのは難しいと感じるものが多いのです。 便利性だけを追求し、溢れる情報とモノに囲まれながらもさらに不満の多い日本。そして多くの人がその早すぎる情報の移り変わりに全然着いていけなくなっている有様。それでもそこにしがみ付いていないと生活出来ないのでしょうか? 日本以外の国々では1ヶ月以上のバケーションをとり海外旅行を楽しむのが一般的です。彼らだって働いています、特別な金持ちでもありません、小さな子供もいます、日本と同じように24時間稼動している会社だってあります、それでも楽しむ”時間”を持って普通に生活しています。日本人だけがもつ"出来ない"特別な理由なんて何もないんですね。 私は自然だけを求めてNZに来ているわけではありません。でも自然を楽しんだ後に思い知らされる日本との違いがたくさんありました。アウトドア人間でなくても、この国に来れば色んなことに挑戦したくなる、それは自然が美しいだけの理由ではないと思います。日本だってNZに負けない美しい自然を持っていますが、一部の趣味を持つ人しか自然を楽しんでいないのは何故でしょうか。「若い頃はよくスキーに行った」「子供が出来るまでは色々遊んだ」というセリフをイヤというほど聞きました。どうして今はしないのでしょうか。太ったおばちゃんが朝一にサーフィンにやって来ます。仕事帰りに犬の散歩がてら湖畔で竿を投げながら歩いてる人がいます。ベビーカーを引いて50kmのGreat Walkを歩いてる家族がいます。夫婦でPubに行くのが普通です。どうして日本では有得ないのでしょうか。 NZや海外で知らされた事をここに書ききるのも難しいこと。でも旅をする発見と楽しみを知ってもらうには、経験者がそれを伝えなきゃいけない。2010年は1年かけてそれをどうやって人に伝えようか悩んだ年でした。2011年はその下準備。まだまだ先は遠い。 自分の特技は昔から”集中力”だけ。。。。その先に自分が描くプロジェクトは無数にある。色んな迷いがある人、旅をしたい人に強くメッセージを残せる仕事がしたいと思うようになりました。 海外で滑るほどスキーが上手くないとか、英語が出来ないから行けないとか、そんな強情な言い訳をこじつけて一方的に経験者を羨む人もやっと最近減って来たのかなと感じます。 たくさん無駄な事をして、遠回りして、たくさんの事を捨てないと、意味の有無なんてわからない。言い訳でそこから動かない人が、先で得る意味や本質を知る事なんて出来ません。海外に関して言えば、周りが思うほど楽しくないです。8割くらい踏んだり蹴ったり。でも2割にスペシャルプライスレスなものがある、それだけをまた感じたくて飛行機に乗っちゃうだけのことです。 海外から教わるのは日本人の責任転嫁の多さ(責任の所在を求める)、単独行動できないが居場所や縄張りは求める、ひねくれた価値観、つまり・・・勇気がないってこと。そして勇気ある人を変わり者呼ばわりしたり、僻んだ目で見るという事。最近、世界を放浪旅行する若い子が増えています。卒業したら就職なの?、あのオッサンみたいになりたくない、ちゃんとそんなレベルの事から疑問に思えるだけでも今までの日本には無かったこと。疑問を持つことが全ての勉強になり、結果的に放浪じゃない旅をして帰ってくる。 でもやっぱり色々不安。。。という子たちがたくさんいる。勇気をもって1歩外に出るお手伝いが出来たらいいなぁと企んでいます。...

ヤマノウチ+とゆるりながのがLocketsに参加していることもあって、地域ブロガーの会のお誘いいただきました。待ってましたーって感じ。 こういう集まりっていっぱいあるんだけど、共通の繋がりがあるブロガーがいないと怖いのですw Locketsに参加したのも、知ってるブロガーさんがいろいろ関わっていることをしっかり確認してからです(^_^;) 先日のCSS Niteに続き、個人的なリフレッシュと新たな繋がりがあればいいなーというユルいノリです。 意外と公務員が多かった 私も役場広報を作っていた延長でのヤマノウチ+なので、まぁいろいろと共感できました。「うちの町では無理だ」と思うこともたくさんありました。”どうせ無理”と思う人が多いという話が出ましたが、#$%&’()~=+*・・・。しがらみから文化背景による気質まで色々あるんです本当に。内情ここに書くなら本にします私w とはいえ高額セミナーじゃなくて、こういう場所にもっと公務員が参加してもらいたい。「伝える・伝わる」ってことへの意識は完全にズレてるとは思います。 広報のあり方については人それぞれ。私も初めは佐久間さんに似た感情もありましたが、当町は高齢化社会まっしぐらに突き進んでいる過疎エリアです。4割以上が65歳以上だし、20~30代なんて全然見かけない💦 年寄りって長文読むんですよ。カラー写真でスッキリとした文章の雑誌風を求めてない。内容は問題山積みですが、見た目として洒落たマガジンライクというニーズは感じないのです。 そもそも論がたくさんあるので、また別記事で。 トークセッションやLT みなさま熱い~!生まれ育った地元だったり、移住者だったり、公務員だったり。みんな違う立場ですが、住んでる場所を伝えたいのは同じ。 @asuka_xp さんが「調べたいときに情報が出てこなかった」というのは私も同じきっかけです。ヤマノウチ+はイベントから子どもネタまで扱ってますが、私が目指してるのは町のデータベース。イベントレポはマンネリ化してるのでフォトギャラリーにしてるだけです(どっか手抜いていかないと)(^_^;) 桜スポット、紅葉スポット、ハイキングコース、歴史文化。いろいろまとめたいこといっぱい!ていうかこんなベタな事もまとめた場所がないのに観光の町とか言うな! @i_love_kameido ”ふぁぁぁく行政”というエネルギー源もまた同意。とてもよく分かります。すごく分かります。。Facebookグループは成功の証。みんなで盛り上がらなきゃ意味ないんです。そもそも田舎はプライベート監視ツールとしてFacebook使ってる方多いので。。人目気にしまくりの使い方なんです。何かちょっと想いを書くと「辛口なこと言うんだね」とすぐに言われたり。自由に投稿なんてしてくれない。。羨ま~ @kiyosumiiine さんはコウトークというイベントも企画して地域交流を図ってます。これもいづれ当町でもやりたい事の1つ。 図々しくも2次会へ だって暇なんだもん。すいません。 久しぶりに @odaiji さんに会えました。ブロガー会を引っ張るような立場になってて恐れ多いですよ( ̄ー ̄) @tokyosanpopo夫妻ともいろいろ話せてよかった。長野県でお待ちしております。うちは6人まで泊まれますのでブロガー合宿よろしくお願いします。ガイドするのでみんなで町のレポ書いてくださいm(._.)m 得たモノが多かったよ ☑️同じ胸中や悩みを持った人がたくさんいて心強くなった。 ☑️自治体の不都合は各市町村であるんだな~としみじみ。 ☑️私は役場とタッグを組めてる部分もあるので、楽してる方なのかなと。 ☑️こういう交流会、今後も必要と強く感じた。各地であっても良い。 ☑️書き方、デザインなどどんな工夫をしているか各人に聞いてみたかった。 ☑️今度は自分も壇上立ちたい。 ☑️わたしは2ヶ月に1回くらいは東京に帰るべきだと再認識。(かなり精神面がリフレッシュされる) というわけで書くモチベーションが上がりました。感謝♡ ブロガーズフェスティバル行きたい~!けど翌日デカいイベント撮影係なので無理(T_T) ブロガーの集まりあったら教えてください。Twitterも再開しました。→ @tabi_world...

地域ブログを作るきっかけを前回書きました。今回はその現実を知って起こした行動編。 地域ブログを作る1 大量の写真がもったいない まず写真の公開。 広報担当として撮影をお願いされますが、使うのはたった1枚。。担当者も周囲何名かも写真を撮っています。担当者は「私はあくまで記録写真なので」と頑固にそれを言い続けるのですが、何の差があるのでしょう??むしろ私に圧かけてますよね(-_-;) そんなことよりも少しでも協力し合って町全体で共有しようと周知協力してもらいたいものです。 やったこと自分の写真のほかにも人からいただいた写真など、とにかくたくさんの写真を掲載しています。イベントは写真ギャラリーにして表示しています。 告知するが報告しない 従来の当町では、イベント開催前はFacebookやチラシで告知するのですが、終了後に当日の様子を見せないのです。何度も言うように広報は写真1枚。文章もわずか。無難な写真。 役場内では"記録写真"を添付した報告書が回って終了です。もちろんその告知が100%的確ともいえません。 やったことイベントレポート、町の様子などいろいろブログ風にしてどんな様子なのかを伝えるようにしています。 過去の様子や盛り上がりを見ることで「行きたい」と思いますよね。 役場の補助がない企画は掲載しない これは不思議なルールだと思いましたが、町内のいろんなところでイベントが開催されています。しかし役場が何らかの形で関わった(だいたいは補助した)ものだけ広報に掲載するのです。 よって小さなグループイベントや補助金なんかに頼ろうとしないイベントは知られないままなのです。 やったこと地域行事や始まったばかりのイベント、これから動き出そうとしている企画などをできるだけ告知・レポートしています。 デザインは老若男女向け こういう場所でオシャレな最新の技術は必要ないと思っています。 まず伝えたい相手は町民。そのコンテンツを積めば自動的に観光サイトになります。 観光名所に集まる旅行の時代はとっくに終わりました。今はガイドブックに従うより「地域を知る・楽しむ」ことに重点を置く旅にシフトしています。ローカルブログを続ければ大きな地域サイトになることは間違いないです。 やったこととにかく見やすくシンプルに。多様な写真を並べてぐちゃぐちゃになりがちなポータルサイトで必須のデザインです。文字も大きめにしています。 もちろんデザインの基本のキ デザインは見た目の画的なものと思われがちですが、設計なので中身の骨組みでインターネット上の存在価値が決まります。 やったことサーチコンソール、アナリティクス分析、SEO対策、ピンバック、サイトマップやRSS飛ばしとFacebookでの更新通知など最低限の設定はしています。 あとはコンテンツの充実!コツコツと積み上げるのみです。 ポータルサイトは広いカテゴリを扱うので分類の仕方や、トップページでの見せ方にちょっと工夫が必要になりますが、あとはブログを書くのと同じです。 次回は書き方や、ポータルサイト構築におすすめテーマを紹介します! ...

東京サラリーマン時代から長野県に移住することは決めていました。毎週末・長期休暇は長野県で過ごしてきたし、15年もの間長野県のあちこちを足を延ばし街歩きからアウトドアまで楽しんできました。そのメイン地となったのが志賀高原のある山ノ内町です。 もともとそれなりのPVをもつブロガーでしたし、それで得てる収入や繋がりもありました。ブロガーの集まりにもいろいろ参加してたし、自分の視点から主観をまとめる発信こそ信頼のあるコンテンツと思ってました。 でもこの町でそんな発信を行う以前の問題がいろいろ出てきました。 町の中が見えない この町は、「志賀高原」「竜王・高井富士」「湯田中・渋温泉」「地獄谷野猿公苑」など有名な観光地の名は知られるも、町の名前はあまり知られていません。 山ノ内インター、山ノ内駅、山ノ内スキー場、山ノ内温泉。。。どれもないのです。これが致命的であり、むしろ町長でさえも町の名前を売るつもりは今さらないそうです。 わたしはwebサイトを創る立場にありながらも、自分が旅行するときは公式サイトをちゃんと読みません。特に観光サイトって綺麗な文と過去1番綺麗に撮れた写真を並べてるだけなのでリアリティを感じません。行ったことのない人でも作れるようなものばかり。主観的な感情や、他のアングルからの写真を見たいので個人のブログを1番に信用しています。 ところが、この町にブログがないのです!スキー場や女将のブログとか少しあるけど、頻繁な更新ではない。。。。いつも検索にあがるのは1人の議員さんと公民館が発信してるブログ。このご時世、道の駅担当者、観光局、自然関係、商工会どこでもブログで発信してオウンドメディア化を進めているのに全くない!!! どこのお店が美味しいオススメとか、撮影スポットとか、町の人ぞ知る情報が何にもない。 もちろんそんな情報は役場HPには掲載しません。 というわけで、もともとポータルサイト等作ってきたノウハウもあったので、自分が移住したらまず町のポータルサイトは絶対作るという気持ちがありました。 町の求人を発見 本当に偶然ですが、家も決めて不動産屋と話も進み「さぁ引っ越すぞ」という時に町の広報誌を作る求人が町役場から出ていたので応募。スキル条件も一致しすぐにお仕事開始。 町役場という立場なので、当たり障りなく平等に浅く広く。。。 まぁ広くいろんなカテゴリを知る良いきっかけにはなりましたが奥が深くありません。 広報担当になって知った現実 あくまで自治体が発行する「お知らせ」なのです。行政側から伝えておかなければいけない事をしっかり伝える場所なのです。健康・保険・税金・子ども・交通など。。。周囲自治体と比較しても「見づらい、やたら文字数が多い」と言われているようですが、誤解を回避するためにやたら長ったらしい文章が多いのです。(足元すくう人がいるからですけどね)そしてその内容は前年度には全て決まっているのです。〇月号〇ページの1/4のスペースは〇〇課が使うとか。もちろん直前で増量することも多く、好きなことなんて何もできないのです。 情報量と写真の制約 上記のとおり、スペース配分が決まった中で告知や報告を掲載します。つまりほとんど写真1枚。だいたいモノクロページ。 さらに使用する写真も公平なものが良いとされ(例えば子どもなら1人をズームアップしたものではなく全員写真)、だったら一眼レフなんて必要ないと思いましたが。。 広報は町民の一部しか読まない。情報は永久に広まらない。 見出しのとおりです。広まりません。なぜかこの地域は取材といえばローカル紙の記者を呼びます。子どもの活動なら親族として嬉しいものですが、観光や移住情報は北信の一部の人しか見ない新聞に載っても拡散性はゼロですよね。 もともと観光者や移住を考える人向けに作ろうとしていたポータルサイトが、どんどん「足りない・もったいない」という気持ちと一緒に構想が広がりました。 ...

プロジェクト会議や、ご時世で流行っているもの、他地域が盛り上がってるものを見て 「同じことを昔やった」「そんなものとっくに作った」「うちだってやっている」と言う話が多い。 やったのかもしれない。でもやれてないから伝わってない、知られてない。 それは何かの補助金や交付金を使わなきゃいけなかったから、トップダウンだったから、現実的なニーズのリサーチを無視して強行したのか分からないけど じゃあ知らせよう、情報発信だ、そうだFacebookやろう いいね!がいっぱい付いてるから人気だ、周知成功してる! この考えはあまりにも稚拙だと思うのです。 投稿者が本気でシェアしたいと思う感動や知識、情報を書かないとFacebookで他人に目に留めてもらうのは困難です。だから内輪だけで「いいね」してるだけになる。事務的な投稿はすぐにバレます。 SNSでの発信は、あくまでベースとなる場所(本体となるWebサイトや冊子、店舗・会社、施設など)があって、その近況や情報の小出しの場所でしかないと思うんですよ。だってゴールは来てほしい・買ってほしい・利用してほしいわけですから、見られてなんぼではないのです。見てもらえばOKというのは完全非営利なコミュニケーショングループですよね。 あるいは必ず毎朝天気や気温を伝えるとか、必ず1日1枚写真とかルール感のある投稿はすごく信用がある情報柱とも言えます。 他人にWebやツールを使って魅力を伝える以前に、この事を関係者に伝えるのって本当に難しい。 田舎の場合「分からないなりに、忙しいのにやってるのに」と始まる。 じゃあなんでTwitterじゃないんですか、Instagramじゃダメなんですか、Tumblrの方が自由ですよ、Pinterestも悪くない。そもそもフロー型というきっかけ発信のベースにストック型の発信はないのですか?等と野暮なツッコミをしてもしょうがない。 こういうこと考えるのが設計(デザイン)の仕事だと思います。...